Menu

AR広告

イメージ

ARとは

AR(Augmented Reality:拡張現実)とは、スマートフォンやタブレットなどを通して見る現実の映像(紙媒体等)に、画像や動画などバーチャルな創造物を重ね合わせて表示させ、疑似的に目の前で見ることができる技術です。
 

利用シーン

名刺やDMハガキ、チラシ、雑誌や書籍などの印刷物をマーカーとして設定し、スマートフォンをかざすと動画や任意のURL、その他3Dなどの画像データなどを再生し、印刷物+αの販促が可能です。
QRコードなどと違いデザインを損なう事なく任意の画像(会社のロゴマークや写真など)が設定でき、コンテンツの入れ替えや更新も簡単です。
マーカーを読み取るスマートフォンのアプリ(グラフAR)はApp StoreやGoogle Play から無料でダウンロードできます。
 
・名刺、DM、ポストカード
・うちわ、商品パッケージ
・観光ガイド、看板、案内板
・新聞、雑誌、カタログ、マニュアル
・学校案内
その他、絵本、図鑑、美術館や博物館、イベントなど様々な用途で活用されています。
 

お気軽にご相談ください

「取扱いサービスについてもっと知りたい」、「どのくらいの価格になるか見積もりがほしい」など、少しでも気になる事、聞きたい事がございましたらお気軽に弊社までご相談ください。
お電話でのお問い合わせはこちら
TEL:076-438-4040

WEBからのお問い合わせは下記よりお問い合わせください。
 
Page Top