ANTIBACTERIAL
PLINTING

抗菌印刷について

抗菌印刷始めました!

手に触れる印刷物を清潔&安全に。

「抗菌印刷」とは?

抗菌剤入りの印刷インキ「抗菌ニス」を使用し、印刷物の抗菌表面加工を可能にしました。
ありとあらゆる印刷物に加工可能ですので、 色々なシーンにおいて活用可能です。

新型コロナウイルス流行以降、衛生環境の関心は非常に高まってきています。
身の回りのあらゆるものに対して、清潔なのかどうか、安全かどうか、
今まで気にかけてこなかったものにまで、お客様が気にするようになってきています。
公共の場において複数の方が手にする印刷物や、小さいお子様が手にする絵本等、
あらゆるシーンでの活用が考えられます。

3つのポイント

  • 優れた抗菌力

    抗菌剤配合の抗菌ニスを印刷物全面に 塗布することにより、抗菌剤の層が形成され抗菌効果が非常に高く衛生的な製品を作れます。

  • 高い安全性

    当社使用の抗菌ニスは検査機関の検査に合格しております。

  • 企業、お店のイメージアップ

    清潔さと安全へのこだわりはまさに現代のニーズに適するワードであり企業様や商品イメージアップに繋がります。

抗菌ニスの仕組み

抗菌とは、製品の表面における細菌の増殖を抑制する状態のことです。物質中の一部またはほとんどの微生物を殺す「殺菌」や微生物を増殖可能な細菌数を除去、減少させる「除菌」とは異なるものです。抗菌印刷の仕組みは、手に触れる印刷物の表面に銀イオン等を含んだニス(抗菌ニス)を塗布し、細菌が印刷物についても、銀イオンの効果で最近のAgr Ag+ Agr Ag+ Agr 細胞膜に穴を開けて死滅させるものです。

抗菌効果と安全性を証明する「SIAAマーク」

SIAAマークはISO22196法により評価された結果に基づき、抗菌製品技術協議会ガイドラインで品質管理・情報公開された製品に表示されています。
SIAA(抗菌製品技術協議会)が制定した抗菌のシンボルマークであり、「抗菌性」・「安全性」・「適正な表示」の3つの基準を満たした製品に表示されます。
SIAAの会員である弊社の抗菌印刷製品には、このSIAAマークを表示することができます。

[弊社登録番号]
・抗菌印刷物「JP0122558X0001F」
・UV抗菌印刷物「JP0122558X0002G」

弊社で抗菌印刷された製品にはSIAAマークを表記できますので、印刷物に抗菌の高付加価値をつけることができ、競合他社との差別化を図ることができます。

SIAAマーク3つの安心 SIAAの会員である弊社の抗菌印刷製品には、
SIAAマークを表示することができます。

  • 抗菌性

    抗菌加工されていない製品の表面と比較して、細菌の増殖割合が100分の1以下であること。

  • 安全性

    抗菌製品技術協議会が独自に決めた安全性基準を満たしていること。

  • 適切な表示

    抗菌剤の物質名、加工部位を明示していること。

実用例

医療や福祉、飲食・接客や教育など、衛生環境が求められる現場で抗菌印刷のニーズが高まっています。

  • 医療・福祉

    診察券・カルテ・薬袋・封筒・帳票類・お薬手帳

  • 飲食・接客

    会員カード・チケット・メニュー表・ランチョンマット・アンケート用紙

  • 官公庁・公共団体

    封筒・記入用紙・パンフレット・チラシ

  • 教育機関

    クリアファイル・連絡帳・ノート・集金袋・教科書・問題集

  • 販促・イベント関係

    チラシ・紙袋・ポスター・カタログ・パンフレット・教科書・問題集

  • オリジナルグッズ

    マスクケース

抗菌印刷に関する
よくあるご質問

どんな素材に抗菌印刷できますか?
基本的に、印刷機に通るすべての印刷用紙に印刷することが可能です。
安全面が気になるのですが…
弊社で使用している抗菌剤(ラサップQB-2500)は、各種検査機構の検査に合格しており、安心してご使用いただけます。
さらに印刷業界の自主規制である「環境ホルモン」「NL規制」にも準拠しています。
納期はどの程度でしょうか?
製作内容や、時期、また数量などにより異なりますが、できるだけお客様のご希望に合わせた納期設定をさせていただきます。
お気軽にご相談ください。
パンフレットや冊子の全ページに抗菌印刷はできますか?
はい。両面に抗菌印刷が可能です。
パーケージに抗菌印刷はできますか?
はい。表面・内面の両面に抗菌印刷が可能です。
UV印刷で抗菌印刷はできますか?
はい。一般的な油性オフセット印刷と同じく問題ありません。
抗菌印刷に使われている、抗菌剤の成分は何ですか?
ベンザルコニウムです。
抗菌印刷の抗菌効果はどれぐらいの期間保たれますか?
表面の抗菌コート部分が剥げ落ちない限り、長期にわたり効果が持続します。
抗菌印刷を使用したものに、記載できる承認マークなどはありますか?
SIAAマークは、ISO22196法により評価された結果に基づき、抗菌製品技術協議会(SIAA)ガイドラインで品質管理・情報公開された製品に表示されています。
SIAAの会員である当社の抗菌印刷物には、抗菌効果と安全性を示すSIAAマークを表示することができます。

[弊社登録番号]
・抗菌印刷物「JP0122558X0001F」
・UV抗菌印刷物「JP0122558X0002G」
どんな商品がありますか?
不特定多数の人に触れるもの、食事、医療など衛生を保つべき場所で使われるもの、パンフレットや飲食店のメニューやランチョンマット、病院の診察券やお薬手帳など多岐にわたります。
抗菌印刷の上にビニール引加工や、PP加工はできますか?
できません。抗菌印刷コーティング面を覆ってしまうので抗菌効果も無くなります。
抗菌印刷後の加工について注意することはありますか?
通常のOPニスと同じです。パッケージなどの貼り加工がある場合は貼り加工に影響しますので、糊シロを抜いた版で抗菌ニス印刷します。

抗菌印刷サンプルも
ご用意しております

抗菌印刷のサンプルとして、チラシ・マスクケースのサンプルをご用意しております。また、抗菌印刷の資料もご用意がございますので、お気軽に資料請求をください。お問合わせフォームをご利用の場合、「抗菌印刷のサンプルについて」の問合わせであることをご記載ください。

お問合わせフォームへ

お電話でも承っております。076-438-4040

印刷通販サイトでも
抗菌印刷マスクケースを
ご注文いただけます